頭の休憩室
2006年04月14日(金) サイフォンコーヒー
ずっとインスタントコーヒーばかり飲んでいたが、コーヒー豆をもらったこともあって、コーヒーメーカーを買うことにした。
近所の電器屋にいって売場にいくといろいろな種類が並んでいたが、その中で一番に目を止めたのがサイフォン式のコーヒーメーカーだった。
そういえば学生の頃、先輩がアルコールランプで沸かすサイフォンを持っていて、それがうらやましかったという記憶がある。
迷わずそれを買って帰って、さっそくコーヒーをいれてみた。
下に水、上にコーヒーを入れて電源を入れると、お湯が沸いてきて上に上がる。
しばらくコーヒーが混ざるのをみて熱を下げると、出来上がったコーヒーが下に下りてくるのだ。
見ているだけで楽しい←単純
ただ飲んだ後洗うのが面倒だ。コーヒーをフィルターに入れてから使うべきなんだな。
いれかたとかをもう少し勉強しよう。